豊かな自然にめぐまれた首都圏屈指の公園墓地

 三浦霊園の位置する神奈川県三浦市は、県南東部、三浦半島の最南端の人口 5万の気候穏やかな地。

 三崎漁港のまぐろや、三浦大根は全国的にも有名です。

 温暖な気候や三方を取り巻く海など自然条件に恵まれた関東地方の代表的な観光スポットのひとつですが、同時に、首都圏の重要な農水産物生産・供給基地という側面ももっています。

 城ヶ島、油壺など名所・旧跡を巡る観光や、多くの海水浴客が訪れる三浦海岸など第一級の観光スポットを見下ろすなだらかな丘陵に三浦霊園は静かにたたずんでいます。

訪れるひとびとをなごませる四季折々の自然環境

 三浦霊園は、約125.649平方メートルという広大な敷地のなかに、墓域をわずか4分の1におさえることで、県の環境アセスメントも優にクリアしている名実ともに本格的公園墓地と呼ぶにふさわしい霊園です。

 春、園内には水仙の花が咲き、山桜、大島桜がみごとな枝ぶりを見せ、初夏には藤、秋には萩などの花木が妍をきそい、はぜの紅葉がいろどりを添えます。

 また、椎の木などの豊富な自然木は、四季を通じた緑のとばりで、霊園全体をやさしく包みこんでいます。

 こうした豊かな自然のなかに生きている、イタチ、野ウサギ、白鷺、セキレイ、うぐいす、鯉、とんぼなどの小動物たちの健やかな姿も、ご先祖様の霊をなぐさめるのにひと役かっています。

超人気大会「三浦マラソン」の公式コースにも

 ハワイのホノルルマラソンと姉妹マラソンである三浦国際市民マラソンでは、園内がハーフマラソンのコースに入っています。1万人を越えるランナーが霊園を駆け抜けていきます。霊園のスタッフも毎年、参加しています。

車アクセス図